誰とでも3分でうちとけるほんの少しのコツ Just a few tricks to open up to everyone in 3 minutes

テレビやラジオで活躍している、鈴木あきえさんの書籍です。本のカバーにある彼女の笑顔の写真に釣られて本を買って読んでみました。彼女がリポーターの仕事をしながら取得した貴重なノウハウの数々を学ぶことが出来ました。そしてなんと言っても彼女の笑顔はとても素敵です!
A book of Mrs. Akie Suzuki playing an active part by a television and a radio. I liked a picture of her smiling face of a cover on a book and bought a book, and read. I could learn the numbers of the valuable know-how she acquired while doing reporter’s work. And her smiling face is very nice!

いちばん優しい嘘 The good lie

アフリカの若者が内戦で死と隣り合わせの中で逃げて難民キャンプに辿り着きます。そして、アメリカに行き仕事を探します。生きるか死ぬかを体験した人間にしか感じることが出来ないものがあるのだと思いました。
The African young are next to death in the civil war, and I run away and arrive at refugee camp. And the young go to the United States and look for work. I thought there was something which can be impressed by only the man who experienced whether he lived or died.

ただ生きていけることがとても幸せなことなのだと思いました。
I thought it was very happy to be able to be living.

「腸」が喜ぶお酒の飲み方 How to drink the liquor with a glad gut

著者、鎌田紘一郎さんの「「腸」が喜ぶお酒の飲み方」を読みました。蒲田紘一郎さんの書籍は「笑うカイチュウ 寄生虫博士奮闘記」を初めから多くの本を読みました。蒲田紘一郎さんの本に書かれていることに私は多くの賛同があり、自分自身も実際に実行しています。
I read Mr. Kouichirou Kamata’s book “How to drink the liquor with a glad gut”. I read Mr. Kouichirou Kabata’s book “the roundworm which laughs Parasite doctoral struggle account” for the first time. And I read many his books. I approve to be written on Mr. Kouichirou Kabata’s book. And I’m always practicing that.

私は人間は自然の中で、自然の物を食べて、多くの微生物と共存しないと健康に生きていけないと思っています。
I think we can’t live healthily when we eats something natural in the nature and doesn’t coexist with many microorganisms.

今年も大きな桜の木が開花しました The big cherry tree also bloomed this year.

仕事部屋の下にある大きな桜の木が開花しました。仕事合間に桜の花を見ていると仕事疲れも癒されます。数日前から不慣れなウグイスの鳴き声も聞こえ始めています。陽気も暖かになり春がやってきました。
The big cherry tree which is bloomed under my workroom. When a flower of a cherry tree is being seen between work, fatigue of work is healed. The strange bleat of the Japanese bush warbler is heard from several days before. It became warm and spring has come.

サクラの木

昨日、お客様がお亡くなりになられました My customer passed away yesterday.

昨日、永いご愛顧を頂いているお宅のご主人様がお亡くなりになられました。ベッドの組み立てのご依頼でお伺いした時に奥様からお聞きしました。前にお伺いした時に奥様から癌の治療をしていることをお聞きしていましたが、ご主人様と会話をしていた様子がそんなに悪いように感じていなかったので驚きました。
The husband in a house who received patronage long yesterday passed away. When being commissioned to put a bed together from his wife yesterday, that was heard from his wife. When I asked to work before, I heard that he had cancer from his wife. I talked with him then. But I didn’t think he felt so sick. I was surprised.

心よりご冥福をお祈り致します。
I pray for the souls of the deceased.

鎌倉の海

暖かいオンショアでの楽しいウィンドサーフィン I enjoyed windsurfing by warm onshore.

今日は暖かく少しうねりがあるオンショアの中でウインドサーフィンを楽しみました。5.6のセールと100lのボードでジャストウィンドでした。海水も温かく綺麗で素敵な1日でした!
I enjoyed windsurfing by warm onshore and a little wavy today. It was just wind by a sale of 5.6 and a board of 100liter. Seawater was warm and beautiful today. And it was a nice day!

windsurfing

うねりの中でのウィンドサーフィン Windsurfing with a swell

昨日はウィンドサーフィンを楽しみました。オフショアの風で少しうねりがある中でウィンドサーフィンを楽しみました。風のパワーによるボードの推進力に加えて、うねりのパワーが重なり、別世界にいるような感覚になります。
I went windsurfing and enjoyed yesterday. I enjoyed windsurfing with an offshore wind and little swell. It overlap the propulsion power of the boat by the wind and the welter. And I was a sense necessary for the different world.

日常生活ではこのようなエクスタシーを感じることはありません。楽しいウインドサーフィン日和でした。
Such ecstasy isn’t felt by daily life. It was a fun day for windsurfing.

ウインドサーフィン日和

笑いの凄ワザ Wonderful work of a laugh

私はサラリーマン時代に20年ほど営業の仕事をしていました。お客様に誠実に接していくことがとても大事だと思い仕事をしていました。そういう日々の積み重ねがお客様との距離を少しずつ縮めて行き信頼を得ると思いました。
When I was an office worker, my work was business work for about 20 years. I thought it was important to touch a customer sincerely. I thought such daily pile shortened the distance with the customer a little and got trust.

でも、プラス、ちょっとした「笑い」がお客様との間に入ると、急激にお客様との距離が短くなり、より親しくなります。今までこの類の書籍は多く読みました。今回、殿村政明さんの本「笑いの凄ワザ」を読みました。笑いを起こす動機が相手を思いやるためにということに感銘しました。
But when a laugh is between me and the customer, we become familiar with a customer suddenly. I read a book of this kind much so far. I read Mr. Masaaki Tonomura’s book “Wonderful work of a laugh” this time. I knew that it’s to sympathize with a partner to make a partner laugh and was moved.

Linuxでお仕事 I work by OS of Linux

Windowsでやっていた「湘南ヘルパーズ」の仕事も、だいぶ、Linuxで出来るようになりました。以前はLinuxで出来る仕事が限られていましたが、いろいろと使い勝手の良いソフトウエアが多く出てきました。
Before, I was working by an operating system of Windows. But it could be done now by Linux a lot. There is a lot of software easy to use, and Linux has come out.

何といっても、Linuxの動作は早くて快適です。まだまだ、Windowsでしか出来ない作業もありますが、WindowsとLinuxのパソコンを同時に動かせるのはとても効率良く仕事が出来ます。
By far the most, the movement of Linux is early and comfortable. There is also work which can still be done only by Windows. It’s very efficient that a PC of Windows and Linux can be moved at the same time, and I can work.

Linux