「心に残った映画」カテゴリーアーカイブ

星の子 Child of the star

芦田愛菜さん、主演の映画「星の子」を観ました。病弱だった赤ちゃんの両親が藁にも縋る思いから、怪しい宗教にのめり込む映画です。オカルト的な宗教が人間の奥深くに入りマインドコントロールされる様は、私には遣る瀬無さを強く感じました。
I watched Miss Mana Ashida movie starring that is “Child of the star”. The parents of the main character fall into doubtful religion. Because their daughter was sickly and was born and was desperate to bring her up. I felt miserableness to be strong that is controlled mind in human beings occult religion.

宗教が本当に人々の心の支えになるものであるように私は願います。
As the heart of people can support religion in the truth, I wish.

星の子

サウンドオブミュージック Sound of music

映画サウンドオブミュージックを観ました。今回で5~6回観ました。素晴らしい歌声、美しい大自然、人間愛がとても心地良い映画です。そして後半から侵略してくる戦争が迫ってきます。
I watched movie “sound of music”. I watched 5 or 6 times by now. It is the movie that a splendid singing voice, the beautiful Nature, humanity are very comfortable. And war invading from the latter half approaches.

戦争は何もかも破壊します。この映画の前半のように過ごせれば、人間はとても幸せになれるのだと強く思います。
The war destroys all. I strongly think that the human being can find happiness very much if I can spend time like the first half of this movie.

サウンドオブミュージック DVD

ある船頭の話 They Say, “Nothing Stays the Same”.

映画「ある船頭の話」を観ました。電気もなく、橋もなく、不便だけど綺麗な川でののんびりした暮らしが、人間にとって幸せなことだと思いました。
I watched a movie of They Say, “Nothing Stays the Same”. There is neither the electricity nor the bridge. Though it was inconvenient, the leisurely living in the pure river thought me to be happy for a human being.

風をつかまえた少年 The boy who harnessed the wind

この種の映画を観るとつくづく普通に暮らせていることが、本当に幸せなことなのだと感じます。そして、教育を受けることの大切さ、諦めないことの重要さを再確認します。
When this kind of movie is seen, I feel that an ordinary life is always a very happy thing. And I thought of importance of getting education and importance of the thing which isn’t given up once more.

いちばん優しい嘘 The good lie

アフリカの若者が内戦で死と隣り合わせの中で逃げて難民キャンプに辿り着きます。そして、アメリカに行き仕事を探します。生きるか死ぬかを体験した人間にしか感じることが出来ないものがあるのだと思いました。
The African young are next to death in the civil war, and I run away and arrive at refugee camp. And the young go to the United States and look for work. I thought there was something which can be impressed by only the man who experienced whether he lived or died.

ただ生きていけることがとても幸せなことなのだと思いました。
I thought it was very happy to be able to be living.

光をくれた人 The Light Between Oceans

いろいろと考えさせられた映画でした。もし私が他人に酷いことをされても、私が長い間恨み続けるのは疲れる。酷いことをされても許すことで人生は良い方向に向かうのだと思いました。
I could see this movie and make them consider various things. Even if I make the cruel thing others, I get tired with my keeping bearing a grudge against others for a long time. I thought one became happy by permitting others.

奇跡のリンゴ Apple of miracle

木村秋則さんの書籍で「奇跡のリンゴ」を以前に2冊読みました。本でもとても感動したので、今回、映画で「奇跡のリンゴ」を観ました。そして再びとても感動致しました。
Before, I read 2 books of Mr. Akinori Kimura “apple of miracle”. I was impressed with those books. So I saw a movie on this book and I was impressed again.

一途な信念をずーっと持ち続けることの難しさと大切さを感じました。また、農業のことは分かりませんが、地球の自然環境はとても尊いもので、全ての動物や人間にとって心身共に健康でいられる為に絶対不可欠なことだと思いました。
I felt difficulty and importance of keeping earnest faith all the while. I don’t understand agriculture. But I think the global natural environment is very noble. And I thought it was an indispensable thing by all means because we could have healthily in minds and bodies for all animal and man.

ブルークラッシュ Blue Crush

波乗りの映画「ブルークラッシュ」を観ました。ハワイ・オアフ島のノースショアでのサーフィンの映画です。波乗りの映画は観ているととても興奮します。掘れた波に落ち込みながら波の合間を抜けてのライディングはエクスタシーそのものです!
I saw a movie of surfing “blue crash”. It’s a movie of riding the waves in North Shore in Hawaii Oahu. When I watch a movie of surfing, I’m very excited. And when I drop in to the sheer and steep wave and running during a wave, I feel an ecstasy.

ストーリーも爽やかで観ていて理屈抜きに楽しかったです!
The story was also refreshing and I was enjoy without a logic because I was seeing.

僕のおばあちゃん My grandmother

孫思いのおばあちゃんと男の子の心通う映画です。心温かいご近所さんとの交流も昭和の良き時代を想い出します。
The movie which has boy’s understanding with a grandmother of grandchild expectation. I have also begun to think of the good time of the Showa an exchange with warmhearted neighborhood.

映画を観終わって心温まる思いがしました。
I saw this movie, and it warmed my heart.

あん Bean jam

亡くなられた樹木希林さんの最後の主演作品映画「あん」を観ました。老女(徳江)の役の樹木希林さんの優しい言葉遣いや仕草の裏に、過去に辛く悲しい出来事を想像出来ないほどでした。
I saw the last star work movie of Ms. Kirin Kiki, the actress who passed away “bean jam”. Ms. Tokue(Ms. Kirin Kiki play) of an old woman had gentle language and action. So I can’t believe that she had the regrettable past hotly.

この映画を観て自分自身の最後の時間までを大切に生きなくてはと思いました。
I thought I even had to see this movie and live through the last time importantly.