九十歳。何がめでたい。 I’m 90 years old who don’t become happy.

「九十歳。何がめでたい」この本のタイトルで興味を持ち、購入して読みました。クスッとちょっと笑える内容で面白い語り調子で話が進みます。
I had an interest by the title “I’m 90 years old who don’t become happy” of this book. And I bought this book and read. This book was fascinating and the contents at which I can laugh a little.

でも、少し読み始めると、著者の佐藤愛子さんの物事を正確に見る視線、真正面から核心に触れ、ハッキリと自分の考えを発信しているのには、とても感心致しました。
I admired to have the eyes by which Ms. Aiko Sato of an author judges a matter correctly. And she gets at the root from front and says the idea clearly.

そして、佐藤愛子さんのキップの良さや心優しさが伝わって来て、読み終えて、何か昔の大らかさや人情などが思い出されて、ホッとした安心感に包まれました。
Her good of the generosity and gentleness were transmitted to me. After I have finished reading thsi book. I have begun to think of some old easy-going and pathos. And I was wrapped in an ease of mind.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です