不用品を誰かに販売しましょう

まずは、自分が使わなくなった物、不用品をお友達や友知人に、欲しい人はいないか連絡をしてみましょう。

不用品回収処分をする必要になった時点でなく、出来る限り、事前に要らなくなりそうな、使わなくなりそうな不要品を、余裕を持って連絡してみましょう。また、販売する時は綺麗にしてあげると高い金額で売れやすくなると思います。

また、パソコンやインターネットに接続できる環境をお持ちの方であれば、不要品をネットオークションで販売をすることも出来ます。
初めは多少難しいように思えるかもしれませんが、ネットオークションに関係する書籍は多数出ていますので、それを見ながらやってみると思った以上に難しくはないかもしれません。

ヤフーオークション(別ウインドーで表示)

楽天フリマ(別ウインドーで表示)

オークファン(別ウインドーで表示)

ジモティー(別ウインドーで表示)

また、リサイクルショップや中古品販売店に買取をしてくれるか聞いてみましょう。その時、リサイクルショップにも、買い取るリサイクル品に得意分野、不得意分野がありますので、なるべく処分したり物が得意分野のお店に持っていくと、高い買取金額になるかもしれません。

リサイクルショップ検索エンジン[エコナビ](別ウインドーで表示)

※お金にならなくても、ただで無料でもらって貰えれば、不用品回収、粗大ゴミ回収処分費用は無くなり、実質的に処分費用を安くすることが出来ます。

特に、家電リサイクル法(経済産業省)やパソコンリサイクルの商品はリサイクル料金が必要になるので、その差額は大きくなります。また、市町村で引き取り回収処分が出来ない物も同様になります。

ブラウン管テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫・冷凍庫・エアコンの処分に関して
家電リサイクル法(経済産業省)(別ウインドーで表示)
財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター(別ウインドーで表示)

パソコンの処分に関して
有限責任中間法人 パソコン3R推進センター(別ウインドーで表示)

オートバイの処分に関して
HONDA 使用済み二輪車のリサイクルについて(別ウインドーで表示)

※売る時や無料であげる時でも、それらの製品などは保証が出来ないことや、その製品で何か不祥事が起っても一切の責任が取れないことを、きちんと説明しておかないとトラブルの元になります。また友達などに譲る時でも関係が悪くなったりしますので気を付けましょう。

[新しいグッズに] [不用品を販売しよう!] [不用品を下取りに] [市町村へ持ち込む] [分類して業者へ] [良い業者を選びましょう] [引越し前の準備・計画] [不用品の分類] [平塚市の粗大ごみの出し方]