ごみ減量、アイデア求む

2014年01月16日

川崎市でごみの減量や保管に関するアイデアコンテストを実施するそうです。20日から2月20日まで川崎市のホームページ(HP)などから募集を受け付けています。

ごみを分かりやすく分別する工夫や、生ごみを減らす知恵、楽しみながら続けられるアイデアを募るそうです。優秀作を3月下旬に表彰し、市のホームページやリーフレットなどで紹介するそうです。

こういうコンテストを多くの市町村で実施したら良いと思いました。私はと言うと、部屋にごみ箱を、燃えるごみ、燃えないゴミ、プラスチック、ペットボトル、鉄、紙・段ボールと分け、そのごみの種類が出やすいところへごみ箱を置いてあります。

慣れるとそんなに面倒に感じなくなりました。また、生ごみ処理機が庭に置いてありますが、蓋を開けて生ごみを入れるのもちょっと楽しいです!微生物が生ごみを食べちゃうんだそうですが、生ごみが消えてしまうのも不思議でちょっと面白いです!

人は私を生ごみ王子と呼んでいます!?

川崎市の公式ウェブサイト(別ページで表示)
http://www.city.kawasaki.jp/